· 

鬼追い

妻の言葉で節分の豆まきと勘違いをしていましたが、長田神社で2月3日に行われていたのは、鬼追いと呼ばれる儀式でした。


1時から6時まで行われる本格的な儀式で鬼踊りを披露してくれます。私たちが訪れた時は赤鬼の出番で五体の鬼が次々と登場して最後は五体全員で踊りを披露するという内容でした。


厄除けうどんや餅なども用意されていて多くの人で賑わっていました。


今年は残念ながら、雨が降ったためすぐに帰りましたが来年はしっかりとみたいなと思います。


伝統的な文化も担い手の不足には苦労しているみたいということをお義母さんから聞きました。


高齢化社会ということもそうですが、現代は余裕がない社会でもあるのでしょう。


兵庫県の無形民俗文化財でもある行事です。今後も頑張って残していってほしいと願います。