· 

妻の顔は通知表

女性の写真

「妻の顔は通知表」

亭主関白協会会長 天野周一著

 

本日は本のご紹介をします

この本は夫婦の関係を円滑にするためには男性が重要で、妻の顔が笑顔なのかそうではないのかは夫の努力にかかっているという内容です。

 

ではどのように努力をすればいいのか。ただお金を稼ぐだけではなく、妻の尻に敷かれる努力が必要だと主張されます。なぜなら人生を共に過ごすパートナーである妻に対してお金だけ稼いで、家庭を顧みない夫は不自由をさせていないけれど、年月とともに不満を蓄積させて最後には離婚を迎える危険があります。

そうならないためにも亭主関白協会では上手に尻に敷かれる方法を日々研究しているそうです。

 

関白は古来の意味で考えれば天皇に次ぐ2番目の地位で家庭に置ける天皇は妻だと思って接することという新関白宣言も訴えています。

 

どのように接するのか。夫婦の喧嘩の原因はたいていの場合実にくだらないことです。だから喧嘩をしないことが大事で、一例(比喩)を抜き出します。

「カラスが白い」と妻が話したなら、「そうだね」と同意する。次の日に妻が「カラスが白いなんて私バカね」と言い出したら、カラスにペンキを塗って白いカラスを用意する。これくらいの行動力を発揮して、喧嘩を回避することは夫のたしなみとして必要と言います。

 

この本を読んで私はまだまだ新婚ですが、気をつけないとということにたくさん気づかされました。日常生活の中で妻への配慮は一番重要ですが、忘れやすいところでもあります。

まずは毎日生活を支えてくれる妻に感謝の言葉をかけていくことを心がけようと思います。

 

熟年の夫婦はもちろんのこと、新婚、5年目ぐらいの夫婦にとってもおすすめの一冊になります。良ければ手にとってみてください。

 

結婚のご相談、出会いからプロポーズまで何でも承ります。

明石の結婚相談所 阿佐仲人士事務所

仲人士 朝田 隼人

 

お問合せはこちらからどうぞ

TEL 080-1438-3488

※留守番電話の際はメッセージを残して下さい。折り返しご連絡致します。

 

前に戻る  次へ進む